スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

11月, 2011の投稿を表示しています

米韓FTA締結 ―韓国はいつ条約を破棄するのか

米韓FTA発効へ 国内調整手続き
韓国議会が与党の強行採決で米韓FTAを批准した。韓国メディアによると、「損害額」は、農・水産業分野を最大として15年間に約12兆6683億ウォン(約8870億円)。産業界全般では明暗が分かれる見通しが示されている。韓国に不利な分野では今後10年間で年平均約686億~1197億ウォン減少するとみられている。

「米韓FTA批准は無効」 ソウルで1万人が反対集会
1万人余りが集まり、韓国国会で与党が強行可決した米国との自由貿易協定(FTA)に反対する集会があった。参加者らは「批准無効、李明博(イ・ミョンバク)(大統領)退陣」と連呼。繁華街に向かおうとしたところで警察が放水で鎮圧にかかり、一時騒然となった。

国民の間ではこんな行動も見られる。

米韓FTAが国会通過、ネット上の「売国ソング」に話題沸騰
米韓FTAの批准案がハンナラ党によって強行採決されたことに対して、最大野党の民主党側がFTAの無効化を宣言し、市民らによる反対デモが行われるなど、韓国内では反発が高まりつつある。一方、インターネット上では「FTA売国ソング」という風刺曲が登場して、話題となっている。

様々な交渉があったと思われるが肝は巷間で云われている「毒素条項」であろう。では毒素条項とはなんなのか、ということになるのであるが、わかりやすく説明をしているサイトがあるので引用する。
(1)サービス市場開放のNegative list:
サービス市場を全面的に開放する。例外的に禁止する品目だけを明記する。

(2)Ratchet条項:
一度規制を緩和するとどんなことがあっても元に戻せない、狂牛病が発生しても牛肉の輸入を中断できない。

(3)Future most-favored-nation treatment:
未来最恵国待遇:今後、韓国が他の国とFTAを締結した場合、その条件が米国に対する条件よりも有利な場合は、米にも同じ条件を適用する。

(4)Snap-back:

自動車分野で韓国が協定に違反した場合、または米国製自動車の販売・流通に深刻な影響を及ぼすと米企業が判断した場合、米の自動車輸入関税2.5%撤廃を無効にする。

(5)ISD:Investor-State Dispute Settlement:

韓国に投資した企業が、韓国の政策によって損害を被った場合、世界銀行傘下の国際投資…

TPP交渉における日本の戦略 ―ボーキング先戦略ができる政治家が必要

TPPについての議論をまとめた。おそらくボーキングという戦略を考えてる政治家は皆無だろうが、TPPについてはボーキング戦略で均衡を保つのが最良だと考える。
TPPの議論で残念なのは賛成派は運命論「参加しなけてばバスに乗り遅れる」、反対派は陰謀論「アメリカの日本に対する市場開放要求の屈するな!」、なにか幕末の開国派と攘夷派の議論のようだ。 陰謀論といったのはわかりやすくするためで、オバマ周辺のリベラルなユダヤ人が、今自分たちに向けられている非難を少しでもやわらげるためにとっている戦略だと認識している。

アメリカはアメリカのパワーを最大限に利用して"パックス・アメリカーナ"を達成したい元リベラルなネオコンと自由貿易による経済発展こそが平和を達成するという、純なリベラルとが共和、民主に分かれて政権をここ20年担当しているが、現在オバマ周辺は後者だろう。クリントン周辺と類似している。
結局クリントンの時に始まった日米構造協議やその後の年次改革要望書の延長がTPPだろう。
自由貿易はできるだけ推進しなければならない。なぜなら保護貿易では日本は立ちゆかない。大東亜戦争の原因の一つはアメリカが日本からの加工品にかけた高関税で日本の生糸の輸出が大打撃を受けたからだ。 バークやハイエクも自由貿易には価値を認めている。保守主義と自由貿易とは元来同一線上にある考えだ。

その裏には一定のルールによって行なうという法の支配の思想がある。私も法の支配下における自由貿易には大いに賛成である。しかし経済学にもある通り、市場というものは双方が同じ情報を共有している場合において均衡するものである。

よって一時的に片方が情報的に優位に立つことによって不均衡が生じる。幕末における欧米諸国と日本の金と銀の価値の違いで日本は損失を被った。

また工業化の遅れは輸入超過を招き、それまでの国内産業に致命的な打撃を与えた、こういった状態に対応するために関税があるのだ。関税自主権は不均衡に対する唯一の武器だといえる。
資源のない我が国は英国のように名誉ある孤立する訳にはいかない。資源を輸入しなければならないからだ。TPP推進派の議論の核心はこの辺にある。それは否定しない。各国が保護主義に走り、加工品に高関税をかけ出したら、資源ない日本とドイツの経済は困窮する。これは1930年代と相似する。 ドイツ…